動画コンテンツの重要性


広告から紹介動画まで様々な場面で注目されている《インフォグラフィック動画》は、
あなたが伝えたい内容・情報をより分かりやすく伝えるのに役立つ魅力的な動画表現です。

人々の65%は学習を視覚から行い、脳に伝達される情報の90%は視覚からのものです。

分子生物学者のジョン・メディナ(John Medina)によると、
視覚情報は脳の資源の半分を占める最も重要な情報です。視覚情報はテキストよりも60,000倍の速さで処理されます。

下の図を見てください。2つの画像のどちらが理解しやすいでしょうか?

これらの理由から、ソーシャルメディア上では視覚的コンテンツが大幅に増加しました。
そして、写真や画像よりも記憶される可能性が高い動画コンテンツに人々の注目が集まっています。
現在、Facebookでは毎日40億以上のビデオストリームが投稿されています。

動画を広告やマーケティングで活用したくなる統計情報をまとめました。

  • リンク先ページに動画を含めると、コンバージョンを80%増やすことができます
  • 動画を視聴した後、ユーザーの64%がオンラインで製品を購入する可能性が高くなります
  • ビデオの視聴がすべてのインターネット利用時間の1/3を占めています。
  • 企業の役員、管理職員の50%が、ビデオで製品やサービスを見た後、WEBで検索を行います
  • YouTubeによると、YouTubeユーザーは、月間30億時間以上の動画を視聴しています

広告やコンテンツマーケティング、サービス紹介をする上で動画コンテンツの導入は必須といえるでしょう。

動画コンテンツの中でも、なぜインフォグラフィックなのか?


このように、世の中には膨大な数の動画があります。
人物が話しているだけの動画や、文字が永遠と流れるような動画は視聴者の注目を集めることはできません。

その中でインフォグラフィック動画は他の動画に比べ優れている部分がたくさんあります。

その理由を今から紹介したいと思います。

インフォグラフィック動画は視聴者に注目されやすい

インターネットを利用するユーザーが動画に注目している時間は短く、
退屈な内容や文章が流れると動画からの離脱が起こります。

しかし、インフォグラフィック動画は次々と表示される
グラフィックと多彩なアニメーションでユーザーを注目させ続けます。

最近のインターネットユーザーは、SNSやアプリケーションに表示されるマーケティング広告に慣れています。
多くの場合、一瞬でスワイプされ目にも留まらないでしょう。しかし、アニメーションがあることで、
数秒でもユーザーに視覚的な刺激を与えることができ、画像で表示させる広告よりも高い効果を期待できるのです。

事例を紹介します。AGAスキンクリニックは、従来の画像広告からインフォグラフィック動画を導入しました。
思わず手を止めてしまう興味を引く動画になっています。

複雑な内容でも分かりやすく伝えられる

アニメーションビデオは、テキストや解説動画と比べ、情報を分かりやすく伝える能力に優れています。
複雑な内容でもイラストやキャラクターを使用することで、細かいニュアンスまで直感的に情報伝達を行うことができます。

サービスの利用方法や企業内のマニュアル動画などには最適な映像表現といっていいでしょう。

参考になる例が、米国で最も人気のあるyoutube教育チャネルのTED-Edです。
300万人を超えるユーザーがおり、アップロードされているほとんどの動画はアニメーションで解説が行われています。
解説が難しい体や脳の仕組みを簡単に解説しています。

こういった医学的な情報を開設するのにもインフォグラフィック動画は活躍しそうです。

インフォグラフィック動画は見ていて楽しい

次々と登場するグラフィック、インパクトのあるアニメーション、かわいいキャラクター
インフォグラフィック動画は見ていてとても楽しいです。

ビジネスの場でも、教育の場でも「楽しむことができる」コンテンツは非常に重要視されます。

YouTube、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどの
ソーシャルメディアで楽しいコンテンツをアップすればするほど、多くの人々がそれを共有します。

どんな場面でも活用することができます

インフォグラフィック動画は、「商品紹介のビデオ」「企業PRムービー」「SNS広告」など、
映像制作をしたいと思うあらゆるニーズに対応する事ができます。

有名な企業が様々な形でインフォグラフィックアニメーションを導入する理由はそこにあります。

これからさらにインフォグラフィック動画・アニメーションビデオの需要は高まっていくでしょう。

実写映像より制作コストが安い

一般的に映像制作会社に撮影を含めた動画作成を発注すると「30~100万円」の予算がかかります。
インフォグラフィック動画の重要なメリットの1つとして制作コストを抑えられることにあります。

制作会社の中でも、最もコストを抑えてインフォグラフィック動画を作成できるのが
【インフォグラフィック動画制作所】です。価格はなんと3万円~!クオリティーも非常に高いです。

動画制作を検討している方はぜひ1度無料見積りをしてみると良いかもしれません。

これから動画がインターネットを支配します


2019年までに、世界中のすべての消費者のインターネットトラフィック(インターネットを通じて送受信される情報)は
80%が動画になると言われています。ビデオはインターネットを支配します。

これからの時代、マーケティングを行う上でどんなアクションを起こす際にも映像が必須となります。

ソーシャルメディア戦略でインフォグラフィック動画を活用する方法


SNS上でアニメーション動画を利用してマーケティングを行っている企業は少なくありません。
ソーシャルメディアでインフォグラフィッ動画を導入する際に広告効果を高めるチェックポイントを紹介します。

動画の尺を短くする

SNS上にアップロードする動画は短いほど高いパフォーマンスを発揮することがわかっています。
特にFacebookの場合、動画の再生時間はYouTube よりも10倍近く短いなる傾向があるようです。

短い秒数でどれだけ視聴者の興味が引けるか、魅力を伝えることができるかが成功のカギとなりそうです。

自動再生を意識する

ニュースフィードの動画は自動的に再生されます。
ビデオ制作の際には、最初のフレームでどれだけ注目を集める事ができるかが重要になります。

また、ニュースフィードの動画は音声が再生されません。音なしで注意を引く事ができる工夫をすると良いでしょう。

シェアされる動画構成

ソーシャルメディア向けのビデオを制作する際には、シェアされるような構成作りを意識することも大切です。

あなたのビデオを多くの人にシェアされるようにするには、
視聴者へのアピールが必要です。ユーザーは他の人から見てよく見えるものを共有しています。

ユーザーがシェアをするメリットを動画に組み込むのも1つの手です。

まとめ


インフォグラフィック動画は強力なマーケティングツールであり、
どんなシチュエーションにも高いパフォーマンスを期待できます。

何かを紹介するとき、説明したいとき、「プレゼンテーション」や「資料」を作成するのではなく、
まず【インフォグラフィック動画】を作り、解説を行う時代がやってきます。

今回の記事で説明したメリットはほんの一部分です、
インフォグラフィック動画は活用方法を工夫することで
世の中のどんなニーズも叶える事が出来る映像表現です